暗号通貨が離婚プロセスをどのように複雑にしているのか

あなたが個人的に暗号通貨に投資していない場合、この時点であなたの友人、家族、または同僚が暗号通貨に投資している可能性があります。 暗号通貨は、非常にニッチな市場からほぼ完全に主流になるまでに成長し、非常に短い時間でそれを実現しました. 仮想通貨がどこにでもあるようになった今、議論すべき新たな問題があります。それは、離婚プロセスで仮想通貨がどのように扱われるかという問題です。

金融資産の決定と分配、および慰謝料の決定は、離婚手続きの大部分で解決すべき中心的な問題です。 金融資産の開示のために弁護士が自由に使えるツールはたくさんありますが、ビットコインと離婚を組み合わせると、まったく新しいものが残されます。

ビットコインと離婚の取り扱いは、いくつかの大きな理由から、他の金融資産の取り扱いとは異なります。 1 つは、その価値の変動性です。 ビットコインやその他の暗号通貨は、価値が上下に大きく変動することが知られています。 したがって、価値はその場で追跡および更新し続けるか、最終的にはまったく異なる価値になる可能性がある特定の時点で設定する必要があります。 どちらの場合も、資産を決定して分配したり、慰謝料を設定したりするのに理想的な状況とは言えません。

暗号通貨と離婚の間で理解すべきもう 1 つの重要な問題は、これらの市場とその取引が匿名性と安全性を両立するように設計されていることです。 個人の持ち株、口座、または取引を調べることは、銀行口座、退職金口座、または株式ポートフォリオを調べることと同じではありません。 個人の仮想通貨アカウントのトレーサビリティはせいぜい困難であり、裁判所がその背後に召喚状の力を置いているかどうかは、現時点では不明のままです.

明らかに、これはビットコインと離婚の問題の始まりに過ぎない. より多くの人々がそれらを使い始めたり使い続けたり、それらがより一般的で受け入れられるようになるにつれて、離婚手続き中にそれらがどのように金融資産として扱われるかが引き続き注目されます. 彼らが最初から非常に迅速に立ち上がったという事実は、今日、多くの人々がそのような問題で彼らをどのように扱うかについて不意を突かれた. 心に留めておいてください、ビットコインは 10 年も前に開始されませんでした。

いつものように、地元の経験豊富な専門家に相談してください。 ビットコインと離婚がどのように扱われるか、また将来どのような判決が下されるかについてはまだ多くの不確実性がありますが、経験豊富な離婚弁護士がプロセスを案内し、金銭的証拠開示と金銭的発見の分野に関する洞察を提供することができます。保留中のケースのすべての側面。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *