Web-to-Print プロセスの利点と欠点

インターネットの成長により、新しいベンチャー企業がビジネスの提供を強化し、オンライン チャネルからの収益を増やすための複数の道が開かれました。 Web-to-print は、まだ初期段階にある業界の 1 つであり、インターネットを採用するオフライン印刷ビジネスがますます増えているため、ゆっくりと勢いを増しています。

しかし、それにもかかわらず、それは急速なペースで成長しています。 Web-to-Print ビジネスを開始する場合、または実店舗の印刷ショップを拡張してオンライン サービスを提供することを検討している場合は、何をしようとしているのかを明確に理解する必要があります。

Web-to-Print プロセスの長所と短所を見てみましょう。

利点

取引のしやすさ

印刷所に行ってグッズを注文するために休みをとる必要はありません。 Web-to-print により、顧客は数回クリックするだけで目的のものを購入できます。 各顧客にすべてを説明する必要がないため、印刷業者にとっても簡単になります。 すべての情報、テンプレート、および製品はオンラインです。 それに応じて注文を整理するだけです。

コストを削減

製品の品質を損なうことなく、印刷コストを削減します。 印刷業者は、顧客と対面するために必要な店舗の改装やその他の作業を行う必要がなくなり、商品に専念できるようになりました。

より速いプロセス

すべてが自動的に管理されると、印刷プロセスが大幅に高速化されます。 プリンターは注文を受けて印刷し、顧客に発送します。 中間工程はありません。 印刷業者は、顧客が注文を取りに来るまで、注文をため込む必要はありません。

広い市場

オフライン プリンターは近くの顧客や一部の固定クライアントにしか到達できませんが、Web-to-print を使用すると、ビジネスは地域、州、および国際的な境界を越えて取引できます。 印刷業者は、適切な配送施設を管理できれば、世界中のどこからでも注文を受けることができます。

短所

Web-to-Print は確実に売り上げを伸ばし、驚異的な収益を生み出しますが、Web-to-Print プロセスにもいくつかの欠点があります。 主なものを見てみましょう:

専門家のタッチが欠けている

プリンターがオフラインの場合、顧客は印刷ソフトウェアの専門家と協力して目的のデザインを取得できます。 印刷業者は編集の専門家であるため、その作業ははるかに洗練されており、多くの顧客に好まれています。 一方、Web-to-print は、顧客がそれに応じて変更する必要があるテンプレートを提供するだけです。 ウェブから印刷までのプロセスでは、デザインに関する専門家の推奨事項が欠けています。

小型プリンターには高価

Web-to-Print サービスでは、多くの場合、デジタル システムを使用する必要があります。 また、ソフトウェアやサーバー システム ソリューションへのアクセスが制限されていることもハードルになる可能性があります。 e コマース ビジネスを成功させるために必要なリソースのコストを考えると、小規模な印刷業者には適していない可能性があります。

シンプルな製品

提供する製品を含むプロセス全体がシンプルでなければなりません。 より複雑なパーソナライズされたアイテムの場合、作業に必要な仕上げと追加料金を考えると、製品のコストを見積もることは困難です. Web-to-Print ビジネスは、マグカップ、T シャツ、ステーショナリー、アパレルなどのシンプルな製品の販売を目指す企業のみが成功できます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *